プレス
RIF Lumino - RSK &ビットコイン立ち上げの次の、ペイメントプ ロバイダーに最高5,000tpsを達 成可能にするネットワーク 지브롤터 — 2019년 5월 14일

RIF Lumino NetworkはBitcoinのブロックチェーンに対するサードレイヤーソリューションであり、 RSK上のすべてのトークンへのステートチャネルをイネーブル化し、コストを抑えつつ、トランザクションスループットを数倍増やすものです。

ジブラルタル — 2019年5月14日 — RSK LabsのオーナーであるRIF Labsは、RSK Infrastructure Framework (RIF OS)の一部としてRIF Lumino Networkを正式に立ち上げました。

ビットコインとブロックチェーンのスケーラビリティは今日、エコシステムを通じて議論されている最も重要な課題のひとつです。RSK NetworkにはBitcoin network上でのスマートコントラクト能力とオンチェーンスケーリングの改善が追加されていますが、世界中の主要ペイメントプロセッサーのそれに匹敵するトランザクション処理レベルには達していません。その上、ブロックチェーン上で保存された記録はすべて永久に保存される必要があるため、オンチェーンのスケーリングは将来に影響します。今後数年のうちに、マルチテラバイトのブロックチェーンを維持し、動かすのはますます難しくなるでしょう。

The RIF Lumino Networkは、 RIF Payments Protocolの統合部分であり、長期のサスティナビリティに妥協せずスケラビリティを提供できます。The RIF Lumino Networkは、Lightning Networkに似ていますが、ビットコインのみならず、RSK Network上で動くどのトークンに対してもスケラビリティを提供できます。RIF Lumino Networkは、瞬時に近い処理能力と少額のネットワークトランザクションコストでの、未来の金融システム構築に向けた基礎を作るインフラストラクチャー展開を提供します。

「RIF Lumino Networkの立ち上げは、グローバルで開放された金融システムを可能にする道のりにおける大きなマイルストーンです。ブロックチェーンのスケーリングソリューションは、従来の金融システムから除外された世界中の数十億の人々に使えるようにするための鍵となるため、RSKとRIF両方にとって高い優先度を持つものです。」とRIF Labs CEOのディエゴ・ギターレス・ザルディバールは述べています。

RIF Labsのリサーチアンドイノベーションのトップであるセルジオ・レーナーは「RSK/RIFチームは長い間オンチェーンとオフチェーンのスケーリングについてリサーチを行っているとコメントしています。RIF Lumino Networkの立ち上げは、拡張可能なネットワークのインフラストラクチャーに向けた第一歩です。」

RIF Lumino Networkは先に立ち上がった、決済チャンネルを作る際や送金を行う際に複雑な16進数のアドレスのかわりに別名の使用ができるRIF Name Service (RNS)を統合しました。これは、仮想通貨技術を、技術のないユーザーに対してより身近なものとすることにより、ネットワークの普及に向けた大事な一歩です。

「私共はRIF Lumino Networkがオフチェーンのステートチャンネルからのメリットを受けるためRSK上のソリューションがイネーブル化することに、とても興奮しています。速くて、確実な、低コストのトランザクションは仮想通貨技術の使用例の発展にとって鍵となるでしょう」とRIF LabsのRIFストラテジストのガブリエル・カルマンはコメントしています。

RIF Lumino Networkは、2018年11月のデビュー以来RIF OS上で立ち上げられたRIF OSプロトコルで2番目に大きな実装となります。RIF OSはオープンの分散化インフラストラクチャーのシリーズで、RSK Networkの上に構築された配給ブロックチェーンアプリケーションのより速く、簡単で拡張可能な展開が可能であり、Bitcoin Networkで確実なものとなった最初のオープンソーススマートプラットフォームです。

RIF Lumino Networkについての詳細については、下記URLのテクニカルレビューをご覧ください。https://www.rifos.org/rif-lumino-network/

RIF Labs(近々、IOV Labs に名称変更予定)および子会社の詳細:

RIF Labsについて:

RSK Labs の保有者であるRIF Labs は近々、IOV Labs に改名され、ビットコインのネットワーク能力の拡張および価値のインターネット(Internet of Value)の実現に向けて一歩前進すべく構築されたオープン・ソースのRSK およびRIF OS プロトコルと区別を図ります。

RIF Labs のリーダーシップのチームとアセットは現状のままとなります。そして、世界規模での金融包摂を可能にし、この最新技術と大規模採用の間のギャップを埋める、オープンなブロックチェーン・ベースの将来の金融システムの推進と開発に焦点を当てた、目的志向の組織として今後も運営されてゆきます。

RSK Network はビットコインのネットワークによって保障されていて、現状、世界で最もセキュアなスマート・コントラクトのプラットフォームです。

RIF OS プロトコルは、RSK を基盤に構築されていて、とりわけ現在のクレジットカード産業において成就されることと比較して決済処理レベルを達成しうる持続可能なスケーラビリティを有効化することで、既存のビットコイン・エコシステムが直面する大きな問題の解消を図ります。こうしたプロトコルは、こうしたプラットフォームの低コストのセキュリティやスケーラビリティによる恩恵の享受を積極的に求める開発者、革新を目的とする破壊者、政府、企業のために極めて効率的なアプリケーション開発環境を創造します。また、RIF OS はグローバルでオープンな金融システムにおいてデジタル・アイデンティティ、評判や名声のモデル、営利契約やトランザクションの容易な創造と管理に必要なあらゆるツールを統合環境に提供します。

プレスリリースのダウンロード

戻る