プレス
Wasabi 1.0.0 アップグレードに伴い、Bitcoin サイドチェーンRSK はBeta から脱却します 2019年8月1日 RSK テクノロジー・スタックおよびRIF エクスチェンジ・エコシステムを擁する組織であるIOV Labs は本日、ノード・アップグレードのWasabi 1.0.0 がRSK インフラストラクチャ内で実行され、正式にプラットフォームがベータから脱却することになると発表しました。アップグレードにはいくつかの改良が組み込まれており、例えば、Unitrie およびArmadillo、Virtual Machine オペコード、トランザクション・トレーシング手法、新たなRSK ネイティブ・コントラクトの導入が挙げられます。 詳細を確認する +
Coinsilium、StartupToken およびIOV Labs は連携し、RSK Smart Contract ならびにRSK Infrastructure Framework(RIF OS)Blockchain ソリューションの東南アジア地域における採用の加速化を図ります... イギリス・ロンドン、2019年7月11日 Coinsilium Group Limited(NEX:COIN)は、設立間もないブロックチェーン技術会社の開発にあたって出資および管理を行うブロックチェーン・ベンチャー・ビルダー、アドバイザー、投資家であり、同社の100% 保有でジブラルタル法人の諮問サービス提供者であるCoinsilium (Gibraltar) Limited が、同社が27.8% 総統の株式を有するハイパー・アクセラレータであるStartupToken Limited(「StartupToken」)、ならびにRSK Smart Contract Network とRSK Infrastructure Framework(RIF OS)の開発に注力している組織であるIOV Labs Limited(旧RIF Labs)とともに、シンガポールや東南アジア地域のエンタープライズ市場におけるRSK とRIF OS ブロックチェーンの「支援路推進を目的とする戦略的諮問契約(「契約」)を締結したことを報告いたします。 詳細を確認する +
Swarm とRSK Infrastructure Framework(RIF)のパートナーシップによる画期的なストレージ・ソリューションの開発 2019年6月25日 IOV Labs(RSK Smart Contract Network およびRSK Infrastructure Framework(RIF OS)の開発に特化した組織)は本日、分散型ストレージ・プラットフォームおよびコンテンツ配信サービスのSwarm とパートナーシップを結び、Ethereum やRSK 実装を含む、全体としてのSwarm ネットワークのインセンティブ行動の実施ならびに対応に着手することを発表しました。両社のチームは人気コンテンツの取得にあたってデータ・プロバイダに償還する新たなインセンティブ・モデルによって浮き彫りにされるオープンで暗号化されたデータ・ストレージとストリーミング・システムについてのビジョンを共有しています。連携の一環として、両社はRIF Storage サービスに基づくコンセプトの初の実装を協調的に開発しており、ブロックチェーン・ストレージ産業に関連する広範なイノベーションの道が切り拓かれることになるでしょう。 詳細を確認する +
あらゆるブロックチェーンからドメインを管理するはじめてのDNSになるRIF 名称サービス (Name Service) 6月 11日 2019 RSK スマート・コントラクト・ネットワーク(Smart Contract Network)とRSKインフラストラクチャフレームワーク(Infrastructure Framewor)OS(RIF OS)プロトコルの開発を専門とするIOV Labsは、本日、RIFネームサービスマルチ暗号(Multi-Crypto)を開始しました。業界初の、改良されたRIFネームサービス(RNS)は、あらゆるブロックチェーンを起点とするドメインをサポートおよび管理する唯一のサービスです。以前は、RNSはRSKネットワーク上に構築されたアドレスしかサポートできませんでしたが、新しいアップグレードでは、ドメイン所有者は自分のドメインをRNSアーキテクチャに統合して1つのマスターダッシュボードから管理でき、分散したドメイン所有権を合理化できます。発表の一環として、マルチ暗号(Multi-Crypto)管理をサポートするベータ版のRNSマネージャーの新しいバージョンが、https://beta.manager.rns.rifos.orgで利用可能です。 詳細を確認する +
RIF Lumino - RSK &ビットコイン立ち上げの次の、ペイメントプ ロバイダーに最高5,000tpsを達 成可能にするネットワーク 2019년 5월 14일 ビットコインとブロックチェーンのスケーラビリティは今日、エコシステムを通じて議論されている最も重要な課題のひとつです。RSK NetworkにはBitcoin network上でのスマートコントラクト能力とオンチェーンスケーリングの改善が追加されていますが、世界中の主要ペイメントプロセッサーのそれに匹敵するトランザクション処理レベルには達していません。その上、ブロックチェーン上で保存された記録はすべて永久に保存される必要があるため、オンチェーンのスケーリングは将来に影響します。今後数年のうちに、マルチテラバイトのブロックチェーンを維持し、動かすのはますます難しくなるでしょう。 詳細を確認する +
ビットコイン、RSK & RIF OS 向けの初のブロックチェーン・イノベーション開発スタジオがサンフランシスコにオープン 2019年5月7日 RSK Labs の所有者であるRIF Labs およびMonday Capital は、サンフランシスコでのビットコイン、RSK & RIF OS 向けの初のブロックチェーン・イノベーション開発スタジオならびにグローバルエコシステムファンドの開始を発表しました。スタジオは新たな開発者ツールを創造し、分散型インフラの統合を効率化することとなります。そして、スタートアップや企業と連携する次世代のブロックチェーン・ソリューションの創造を加速化し、ブロックチェーン・ベースの製品やサービスが解消することのできる実世界の問題の特定を実現します。 詳細を確認する +
Microsoft AzureがクラウドオファーにRSKスマートコントラクトを追加 2019年4月16日 RIF Labs は、MicrosoftのAzure BaaSの提供に関連するRSK Smart Mainnetノードの導入が可能で、これによりMicrosoftのサービス (BaaS) マーケットプレイスでサポートされた数少ない一般向けブロックチェーンのひとつになる、と発表しました。このインテグレーションにより、分散アプリケーション (dApps) とビットコインにサポートされたサービスの展開が容易になる環境設定のための簡易プロセスが提供できます。これにより、ユーザーは、ローカルサーバーを設定し、マニュアルでノードのインストール、メンテナンスを行う代わりにRSKブロックチェーンを数分で展開、構成可能です。現在では、非ブロックチェーンとブロックチェーンディベロッパーは、RSKネットワーク上で安価かつ容易に学習および実験を行うことができます。 詳細を確認する +
RIF Labsがアジアに事業所を開設し世界規模の拡大を見据える 2019年4月1日 RSK Labsの創設チームと経営陣に率いられた目的志向型組織であるRIF Labsは、シンガポールと上海に新規事業所を開設し、アジアへの進出を発表しました。これによりRIF Labsにとって重要な市場であるアジア太平洋地域で、ブロックチェーン採用、金融イノベーション、強力な開発者の才能といった、パートナーおよび開発者コミュニティの開発を続けることが可能になります。 詳細を確認する +
社会的影響のある投資にまつわる透明性をより高めるためRIF Labsと「人類のためのブロックチェーン(b4H)」が提携 2019年3月6日 RSK Labsの創設チームと経営陣に率いられた目的志向型組織であるRIF Labsは、人類のためのブロックチェーン(b4H)を発表しました。これは社会と環境に影響を与えるプロジェクトの情報ルートを支援する非営利の基金であり、不平等格差に対処し、世界中の多くの人々の生活をより豊かにすることに注力し、ブロックチェーン対応型ソリューションの追跡と説明責任への取り組みを強化するために、RSKネットワークを利用します。Givethオープンソースコードに基づいたb4H dAppのRSKへの展開が成功したことで、ユーザーは暗号通貨の寄付を簡単に行えるようになるため、Bitcoinサポーターのより大きなコミュニティが、RSKで好みに影響を与えるプロジェクトに初めて寄付をできるようになります。 詳細を確認する +
RSKプラットフォームが世界で最も安全なスマートコントラクトプラットフォームとなる 2019年2月14日 RSK Labsの創設チームと経営陣に率いられた目的志向型組織であるRIF Labsは、RSK Blockchainが世界で最も安全なスマートコントラクトプラットフォームとなったこと、そして、Bitcoin Blockchainに次いで2番目に安全なプラットフォームになったことを発表しました。Mine the Coin、 CoinMarketCap と NiceHash のデータを総括している Crypto51 ウェブサイトで伝えられた通り、ビットコインに対する51%攻撃の実行にかかるコストは、244,853米ドルであるとのことです。ビットコイン・ネットワークの45%を超えるハッシュ・パワーにより、RSK スマート・コントラクト・ネットワーク(Smart Contract Network)に対する攻撃にかかるコストは、1時間当たり約112,000米ドルとなります。これによって、RSKは、開発者がdAppを構築する上で最も安全で信頼できるプラットフォームの1つとなり、マージマイニングがビットコイン・サイドチェーンを保護できることが証明されました。 詳細を確認する +
RIF Labsが公共利用向けのRIF Name Serviceを発表 2019年1月16日 RSK Labの創設チームと他の経営陣が率いる目的志向型の組織であるRIF Labsは、RIF Name Service(RNS)の正式な導入を発表する予定です。これはRIFディレクトリプロトコルの初の実装であり、Root Infrastructure Framework Open Standard(RIF OS)のユーザーがサービスへの完全なアクセス権を付与されます。これにより、RSK Live Network上のRSKアドレス、公開鍵、ソーシャルネットワークハンドルなどの関連リソースを、読み取り可能なエイリアスとドメイン名を介して容易に識別が可能になります。 詳細を確認する +
初のBitcoinサイドチェーンが導入1年を記念して重要な技術的マイルストーン達成の喜びを表す 2019年3月3日 RSK Labsの創立チームに率いられた目的志向型の組織であるRIF Labsは、RSKSmartメインネットの導入から1年を迎え、その後の進捗状況を目玉とした報告を行いました。2018年の導入以降、RSKSmartは初年度の成長に続き2019年も継続して成長の勢いを増すべく準備を整えてきました:

  • メインチェーンとサイドチェーンの双方を同時に保護するビットコインマイナーを含むマージマイニングによりRSKSmartのハッシュレートが5%から40%以上に増加し、サイドチェーンのセキュリティが大幅に強化されました;
  • ハードウェアセキュリティモジュール(HSM)がサイドチェーンのフェデレーションメンバーに問題なく導入されたことにより、2つのチェーン間の双方向ペグのシームレスな操作をサポートするためにメンバーが所持する250 Bitcoinの安全性が強化されました;
詳細を確認する +
RIF LabsがLatin American Bitcoin and Blockchain Conferenceとして正式なLATAMの導入を発表 2018年12月5日 RSK Labsの創設チームと経営陣に率いられた目的志向型組織であるRIF Labsは、チリのサンティアゴで開催されるラテンアメリカビットコイン&ブロックチェーンカンファレンスにて、RIF OS(Root Infrastructure Framework Open Standard)のラテンアメリカでの正式な導入を発表する予定です。RIF OSは一連のオープンかつ分散型のインフラストラクチャプロトコルです。統合環境において、分散型ブロックチェーンアプリケーション(dApps)をより迅速、容易、スケーラブルに開発できるようにします。 詳細を確認する +
RIF LabsRIF OSを導入して価値のインターネットを実現に一歩近づける 2018年11月18日 RSK Labsの創設チームと経営陣に率いられた目的志向型組織であるRIF Labsは、統合環境における分散型ブロックチェーンアプリケーション(dApps)のより速く容易でかつスケーラブルな開発を実現する、一連のオープンで分散型のインフラストラクチャプロトコルの製作を発表しました。 詳細を確認する +